2005年03月05日

【アンテナ】くるり

antena.jpg

バンドとして今まで追い求めてただろうデジタルとの融合みたいなものを一時取っ払い素のロックで勝負してきたアルバム。発売からちょうど一年ぐらい経ったんですけど今一番熱い。ロックのアルバムはこうあるべきだっていう見本みたいなアルバムですよホント。スタジオで合わせながら成長させていったみたいな事を当時のインタビューで言ってたんですがまさにそんな感じで全ての音が同じ温度差にあって曲としての一体感をすごく感じる。最後を飾るHowToGoではギターソロが終わった直後のリフのミスタッチさえもかっこよく聴こえちゃう。歌詞も暖かい。
posted by 恭一 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2261411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。